ほわほわと健康のはざまで
PC故障中ですので、ビクビクしながら更新してみます(笑)。
画像がないのが寂しいのですが。

実家に帰省中、私にはとっても楽しみにしていることがひとつありました。

ペコと初めて一緒に寝ることができるからです。(いつもはペコはケージで就寝)

実家での初日の夜、体調最悪のペコは、周りで物音がするとすぐに私が寝ている布団の中に入り込んできました。

嘔吐を繰り返していたので、ペコの体調が心配だったのですが。
でも、やっぱり思ってしまいました。

ほわほわで超気持ちいい!!!!

ちなみに、嘔吐する直前、ペコはなぜか猫砂をガッガッガッと片手を突っ込んで掘ってから吐いていました。
でも、トイレ内では吐かない。彼なりにこだわりがあったのかもしれません。

その後獣医さんに行って注射を打ってもらったり、環境にも慣れてきたりしたおかげで、ペコの体調はどんどんよくなっていきました。

それにともない、ペコの寝る場所も変遷していきました。

個人的には、一緒にお布団に入って寝てくれる とか、枕元で猫のごろごろいう音を聞きながら寝る などを妄想していたのですが。

ペコ先生がそんなことをするはずはありませんでした(笑)

3~4日目ぐらいの夜は、部屋の中においてあったいすの上でご就寝。

そして、完璧に環境に慣れきったその後は・・・。
私が寝ていた羽毛布団の上にてご就寝。
それも、私に寄り添うように とか、足元でちんまり丸くなるなどのかわいらしいものではなく。

堂々と、布団のど真ん中で、羽毛布団をぺしゃんこに踏み潰しつつ、とぐろを巻いてご就寝でございました

私が布団の中にいないときはまさに布団の中心で。
私が布団に入ったときにも、かまわず中心で。

とある朝は、うつぶせで寝ていた私のひざ(の裏)の上の位置で寝ている姿で発見され。
とある朝は、開脚した私の足の間の位置で寝ている姿で発見され。
第一発見者の実家の母に「いいご身分ね」と褒められておりました。


ペコと一緒に寝ている期間中、夜中に大運動会を開催されたりしてよく眠ることができず結構つらいものもあったのですが。

ある夜、ふと目を覚ますと無様に背中から落ちていく猫(高い棚にいたずらしようとして足をすべらせた模様)を眺めることができたりしてかなり楽しい経験ができました。

たった一日でしたが、ペコと布団を共にする経験もできましたし。
でも、やっぱり健康が一番!!

クールなペコ先生でも、健康ならそれでヨシ!と思うことにしました(笑)。
[PR]
by pecosuke3 | 2005-05-05 08:29 | ネコ


<< 猫の本領発揮 ただいまPC故障中!! >>