ペコ先生9年のあゆみ

ペコ先生3ヶ月

ペットショップにて、私の胸にひしと抱きついてくれたにもかかわらず、抱っこは嫌いなことが帰宅後に判明

ねこじゃらしでもなかなか釣れず、かといって一人わっしょい運動会はひときわ激しかった、気むずかしき仔猫ちゃん




ペコ先生1歳

まだ首がはっきりとしていたあの頃

あふれんばかりの『ぴちぴち感

まだ、先生が何をすれば喜んでくださるのかよくわからず、ペコ先生とわたくしは、 こぶしで会話 じゃらしで会話 していたころでした




ペコ先生3歳

ピンクの首輪がキュートだったあのころ

この年、首輪の下がかぶれて、はげをこしらえて以降、首輪はしなくなりました

不機嫌そうな表情をしていますが、まだ何かがたりない・・・




ペコ先生4歳

この年、ペコ先生のお尻を叩くと、大変喜ぶという事実が発覚

のの家における、今世紀最大の発見となる

おかげで、こたつ布団越しに、ひざに乗っていただけるようになり

猫が乗って動けな~い♪(´▽`ポワーン」という状態を味わうことが出来ました

呼び名も『ペコ先生』で定着しはじめ(私が)

目つきもなんだか素敵になりはじめました

私の実家に拉致され、クロイヌと対面させられ、獣医に連れて行かれる、という苦難の道を乗り越えたからかもしれません



b0009379_1225579.jpgペコ先生5歳

ひざに乗ってくれるのも2年目となり、すっかりテリトリー化していただきました

前年から、私が働き始め、ペコ先生にかまう時間が減ったため、若干甘えん坊になりはじめた模様(´▽`ポワーン

目つきのおそろしさと、甘えん坊度は、ペコ先生の場合、比例します




ペコ先生6歳

現住所に引っ越した年でした

喜び勇んでキャットタワーを買ったら、ペコ先生に怖がられて近寄ってももらえなかった、という悲しい経験をいたしました

先生が膀胱炎を患ったりなさったのですが、すぐによくなりほっとしました

ソファでくつろいでいると、ひざに乗ってくれたのもこの年から

以後、私は、年中無休の尻たたきマシーンに昇格することができました(´▽`ポワーン

このころから、ほぼ、現在のペコ先生の表情になりました(笑)




ペコ先生7歳

おなかが気になるお年頃

顔を撫でてもご機嫌でいてくれるようになったり、毛布にもぐるようになったり、と、新たな進化を続々と遂げられた先生

ダイエットを始めた為、ご飯の催促でよく鳴くようになりました


b0009379_15211582.jpgペコ先生8歳


夫の膝をも完全に手に入れたペコ先生


尻を叩いて欲しくてソファに乗った後

夫の腕に何度かすりっとして

ひざに乗せてくれそうな雰囲気を感じなかった場合のみ

私の膝にいそいそと乗ってくる某先生


いいの!2番目でも、いいの!!


b0009379_15242462.jpgそして、ペコ先生9歳

生足でも、膝に乗ってくれるという、画期的なマイチェンが行われました

相変わらずダイエット継続中!食欲旺盛中!

そろそろシニア用フードに替えたいのだけれど、ダイエットを継続するならば、フードの量を減らさなければなりません(シニア用フードの方が、ダイエットフードよりもカロリー高めなため

そんな恐ろしいこと、できないっ((((;゚Д゚))) ガクガクブルブル(笑)


b0009379_15265832.jpg

なんにせよ、先生にはずっと幸せに暮らしていただきたいものです

先生、お誕生日、おめでとう!

[PR]
by pecosuke3 | 2010-09-13 13:01 | ネコ


<< 鉄壁の守備 本日誕生祭!! >>